風邪を引いたときには筋トレをするな!体調不良時には筋肉が分解されやすくなる!

筋トレをしている人の中には
風邪を引いたときや体調を崩したときに
無理をして筋トレをしようとする人もいると思います。

結論から言うと
【絶対にやめたほうがいい】です。

体調不良の際に無理に筋トレをしても
いいことは1つとしてありません。

本記事では
【体調不良のときに筋トレをしてはいけない理由】についてお話していきます。

風邪などの体調不良のときに筋トレをしてはいけない理由について

風邪などの体調不良のときに
筋トレをしてはいけない理由を4つご紹介いたします。

免疫力が低下してしまう

1つ目の理由は
【免疫力が低下してしまう】からです。

筋トレというのは肉体を鍛えるのとともに
免疫力や心肺機能も向上させてくれます。

ですが、筋トレをした直後というのは
一時的に免疫力が低下】してしまいます。

体調を崩しているときは免疫力がもとも低下しています。

なので、そこで筋トレを行ってしまうと
免疫力がさらに低下してしまうので
症状が悪化してしまう可能性が非常に高いです。

このようなデメリットがあるので
体調不良のときは無理に筋トレをせずに
休養をとるようにしましょう。

筋肉の分解が進んでしまう

2つ目の理由は
【筋肉の分解が進んでしまう】からです。

体調不良のときは体が体調を治すために栄養を使います。

そこで筋トレをしてしまうと
疲労した筋肉を回復させるための栄養が
普段のように行き渡らなくなってしまいます。

そのせいで筋肉を分解して
栄養を作り出そうとする働きが起きてしまいます。

これを【カタボリック(筋肉異化作用)】
といいます。

筋トレをして筋肉が分解されてしまうなんて
本末転倒にもほどがありますよね。

なので、体調不良のときには休むようにしましょう。

ベストパフォーマンスは出せない

3つめの理由は
【ベストパフォーマンスは出せない】です。

風邪を引いたとき・体調不良のときに
余程重たい症状でなければ
筋トレは出来てしまうと思います。

ですが、体調不良であれば
いつものパワーや集中力を出すことには
期待することができないと思います。

筋トレというのは
常に前回の自分を超える】ような
意識で取り組む必要があります。

ですが、体調を崩してしまっていれば
それはほぼ不可能に近いと思います。

また、食事も普段より食べれないと思うので
栄養的にも良いパフォーマンスを出すことは
難しいです。

中途半端なクオリティの
トレーニングをするくらいなら
しっかりと体を休めてから万全な状態で
トレーニングをするようにしましょう。

怪我の危険性も高い

4つめの理由は
【怪我の危険性も高い】です。

体調を崩しているときは
前述したように普段のような
パワーや集中力を出すことは難しいです。

ですが、そういったときに
ベストコンディションと同じような
トレーニング強度(回数・重さなど)で
筋トレをするのは非常に危険です。

力がいつもより早く切れてしまい
ダンベルやバーベルを予期せぬ形で
落としてしまうようなことが
出てくる恐れがあります。

また、そういったアクシデントによって
最悪、自分が怪我をする分には良いです。

ですが、それによって他の人を巻き込み
怪我をさせてしまったりしたら危ない
ですよね。

体調不良のときというのは
そういった危険性も十分に考えられるで
注意しましょう。

筋トレするために体調不良を早く治す方法

ここまでは
【体調不良で筋トレをしてはいけない理由】
についてお話してきました。

次は
【筋トレをするために体調不良を早く治す方法】
についてお話していきたいと思います。

たくさん栄養を摂る

1つ目の方法は
【たくさん栄養を摂る】です。

これに関しては当たり前のことですが
意外に出来ていない人もいます。

特に1人暮らしの方なんかは
体調を崩してしまうと食事などが
疎かになりがちです。

そういったときはいつも飲んでいる
プロテインなどでしっかりと栄養補給しましょう。

プロテインには種類にもよりますが
たんぱく質を中心に炭水化物や脂質も含まれています。

そこに【マルチビタミン】などのサプリメントも
併せて飲むことで足りない栄養を補う形をとりましょう。

また、筋分解を防ぐために
【BCAA】や【EAA】などの
アミノ酸系のサプリメントも飲むといいと思います。

睡眠をしっかりとる

2つ目の方法は
【睡眠をしっかりとる】です。

体調を崩したときは
しっかり【寝る】にかぎります。

寝ている間は病原菌と戦って
疲れている体を休めることが出来ますし
食事やサプリメントから摂取した栄養が
体に行き渡るのも寝ている間です。

意外に体調不良のときというのは
携帯を観たり、TVを観たりして
寝ない人もいますが
しっかりと寝るように心がけましょう。

水分補給を欠かさない

3つ目の方法は
【水分補給を欠かさない】です。

風邪や体調不良のときというのは
自分が思っている以上に
体の水分が使われています。

【寝汗・鼻水・たん】など
水分が出ることが多いです。

なので、こまめに水分を補給していかないと
すぐに水分不足に陥ってしまいます。

また、水というのは血液の流れにも関係します。

水分が不足すれば血液はドロドロになり
血行が悪くなります。

血行が悪くなるということは
血液に乗って運ばれる栄養素の流れも
滞ってしまうことを意味します。

水分が補給が上手くできないと
結果的に治りが遅くなってしまうの
気をつけていきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、【風邪や体調不良のときに筋トレをしてはいけない理由】と【早く体調不良を治す方法】の2つをご紹介させていただきました。

とにかく体調不良のときは
無理をせずに休養をとるようにしましょう。

体調不良時の筋トレはまさに
百害あって一利なし
という言葉がふさわしいです。

なので、みなさんも無理をせず
普段の頑張りを認めてあげて
休養するようにしてください!

それでは!!

おすすめの記事