【初心者あるある】筋トレ初心者が気をつけたいよくある間違った考えとは?

筋トレを始めたばかりの頃のことを思い出し
「今思うとすごい勘違いしてたな。」と
思うことってたくさんあると思います。

私もたくさんあって
早く知っておけば…」と思うことも。

そこで本記事では、筋トレ初心者の頃に
【勘違いしがちな考え方】について
代表的なものをいくつかご紹介していきたいと思います。

筋トレ初心者が勘違いしがちな考え方

筋トレ初心者が勘違いしがちな考え方について
5つ挙げていきたいと思います。

プロテインを飲めば筋肉がつく

1つ目の勘違いは
【プロテインを飲めば筋肉がつく】
という勘違いです。

これに関しては周りの筋トレしてない人に
筋肉を褒められることがあるのですが
そんなときに
「私もプロテイン飲もうかな〜」という人がいます。

当たり前のことですが
【プロテインを飲むだけ】では筋肉はつきません。

プロテインというのはそもそも
【タンパク質】を効率よく摂取するための
サプリメントです。

なので、栄養素のことを考えれば
お肉を食べる】のとなんら変わりありません。

お肉を食べるだけで筋肉がつかないのは
皆さんわかっていると思いますし
運動せずにお肉ばかり食べれば
【太る】ことも理解できると思います。

プロテインも筋トレや運動をせずに
飲めばただのカロリーに過ぎません。

【飲めば筋肉がつく】と勘違いし
運動もせずにプロテインをたくさん飲み
太る人がいるせいで
【プロテイン=太る】みたいな意見が
世の中に出回っているのです。

プロテインは筋トレをしている人からすれば
手間や時間をかけずに
タンパク質を摂取できる優れものです。

プロテインは運動や筋トレと
セットで効果を発揮するものだと考えておきましょう。

高重量を扱えばいい

2つめの勘違いは
【高重量を扱えばいい】
という勘違いです。

筋トレをしていない人や初心者の方は
重たいものを持ち上げるのが筋トレでしょ?
と思っている方が少なくありません。

その考え方というのは半分は正解です。

ですが、正確にいえば
【狙いたい筋肉に重たい負荷を乗せる】
というのが筋トレの極意です。

ジムでよく見かけるのは胸筋を鍛える種目である
【ベンチプレス】をしている人で
自分の限界をこえるような重量を扱っていて
フォームが崩れていて、胸の筋肉ではなく
【腕の筋肉や足の筋肉の力】ばかり
使ってしまっている人がよくいます。

これでは胸の筋肉を鍛える種目である
ベンチプレスの役割を上手く果たせていません。

そうすると【自分の成りたい体】に
一向に近づかないということに成りかねません。

なので、正しい筋トレというのは
狙った筋肉に正しいフォームで負荷を乗せる
というのが正しい考え方です。

筋トレ初心者の方というのは
【周りの筋トレ中級者】と比べて
見栄をはったりしてしまいがちですが
焦らずに自分が正しく扱える重量で
トレーニングを行うことが非常に重要です。

体の変化はすぐに表れると思ってる

3つめの勘違いは
【体の変化はすぐに表れる】という考えです。

筋トレ初心者の方は初めて1〜2週間【しか
経っていないのにも関わらず
「全然筋肉がつかない」と嘆きがちです。

最悪、変化がないから
【筋トレをやめる人】も出てきたりします。

筋トレし始めてから目に見える変化というのは
トレーニング頻度にもよりますが
早くても【2ヶ月程度】はかかります。

理由に関しては色々ありますが
1つの理由として筋トレを始めると
筋肉がつく前に【神経】が
筋トレの動きに慣れる期間があります。

その神経がしっかりしてくると
【筋トレの動作が上手くなる】という
現象がおきます。

すると、上手く狙いたい筋肉を鍛えることが
できるようになってくるので結果が
でないからといって諦めないようにしましょう。

また、厳密に言えば
筋肉は短期間でも発達しています。

ただ、それが【目に見えない】というだけなのです。

なので、体の変化がでないからといって
焦らずに【1〜2ヶ月は継続】してみてください!

食事を軽視している

4つめの勘違いは
【食事を軽視している】という点です。

筋トレ初心者の方は
【とにかく筋トレ】という感じで
筋トレばかりして食事を疎かにしがちです。

ですが、筋肉の成長は
【食事7割トレーニング3割】と言われ
食事の割合が大きいとされています。

ジムでもよく見かけるのですが
すごくハードな筋トレをしているんだけど
体がずっと細い人。

おそらくこういう人は
食事の量が足りていない】のだと思います。

だからといって「太れ!」という訳ではありません。

ただ【筋肉をつくるための栄養】を
しっかり摂ってあげることが重要です。

人間は基礎代謝といってなにもせずとも
消費するカロリーがあります。

「筋肉を大きくしたい」と考えているなら
この基礎代謝を上回るほどのカロリーを
摂っていくことが必要になってきます。

その摂るカロリーの内訳は
【高たんぱく質】であることが望ましいです。

なので、食事を疎かにせずに
しっかりと食べていくことも
トレーニングのうちの1つなのです。

【筋肉を大きくしたいならパスタがおすすめ!その理由は?】
【デカくなりたい・太りたい人におすすめの粉飴とは?】

筋トレすると「太くなるからやだ」と言う

最後の勘違いは
【筋トレすると太くなるから嫌と言う】です。

筋トレをしていない人、特に女性に多い発言です。

先に結論からいうと
【筋肉はそんな簡単に太くならない】
ということを言いたいです。

世間一般の方が知っているTVで見るような
マッチョの人というのは
何十年も試行錯誤して筋トレしてる人】です。

それだけの月日を頭を使って鍛えた結果
あれだけの筋肉を手にしているのです。

そういった人たちを見て
「ああはなりたくない」と言いますが
間違いなくなることができないでしょう。

ちょっとした趣味や運動がてらでやる
筋トレ程度では間違いなくあのような体には
成れないので安心して筋トレしてください(笑)

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は【筋トレ初心者が勘違いしがちあるある】を
ご紹介させていただきました。

今回挙げた勘違いをしてしまっていた人は
今すぐ】に考え方を変えて筋トレしてくださいね!

それでは!!

おすすめの記事