筋トレにおける停滞期の打開策とは?初心者がつまづくポイントについて解説

筋トレを始めたばかりの初心者の方であれば
一生懸命トレーニングをやれば
最初のうちはある程度、体の変化が出てきて
楽しく筋トレが出来るでしょう。

ですが、筋トレをやり始めてから
個人差はあると思いますが
体に変化が見られなくなる【[color color=””]停滞期[/color]】が
訪れると思います。

停滞期を上手く抜け出すことが出来ないと
【モチベーション低下】や
最悪【筋トレをやめてしまう】なんてことも
あるかもしれません。

停滞期になってしまう原因というのは
数多くあると思います。

そこで本記事では
筋トレ初心者がつまづきがちな
停滞期の主な原因の【打開策】について
ご紹介していきたいと思います。

筋トレ初心者向けの停滞期の打開策

筋トレを始めたばかりの初心者の方向けの
停滞期の打開策を3つご紹介していきます。

食事を見直す

1つ目の打開策は【食事を見直す】です。

筋トレで成長が止まったら
どうしてもみなさんトレーニングのメニューや
扱う重量ばかりに目がいきがちになります。

ですが、意外にもトレーニング自体よりも
【[color color=””]食事が原因で成長が停滞している[/color]】ことが
多いのです。

筋肉をつけるために思いっきり太る必要は
全くありませんが、筋肉を作り出す分の
栄養素を意識的に摂取する必要はあります。

人間は生きているだけでカロリーを消費する
基礎代謝という機能があります。

人それぞれですが並みの男性であれば
1500〜1800Kcal】くらいは何もせずとも
消費されていきます。

筋肉があればあるほどこの基礎代謝は上がる為
筋トレ上級者やスポーツ選手が基礎代謝量が
高い傾向にあります。

この基礎代謝という機能があるため
基礎代謝量以下のカロリー摂取量では
痩せてしまいますし、同程度のカロリーなら
【[color color=””]現状維持[/color]】で止まってしまいます。

やはり、筋肉を大きくしたいと考えるなら
基礎代謝量以上のカロリーを摂取することが
筋肉の効率的な成長に必要になってきます。

そのため、筋トレで停滞期が来たなと感じたら
まずやるべきこととしては
【食事を見直す】ということが重要かつ
簡単な打開策になると思います。

[getpost id=”1652″ title=”あわせて読みたい” ]

筋トレの内容を見直す

2つ目の打開策は
【筋トレの内容を見直す】です。

先程は【食事を見直す】でしたが
今度はトレーニング自体に目を向けます。

筋トレ初心者にありがちなミスとして
【[color color=””]漸進性過負荷の原則[/color]】を守れていないことが
非常に多く見受けられます。

漸進性過負荷の原則を簡単に説明すると
トレーニングの熟練度に伴い扱う重量や回数をどんどんと重く・多くしていかないと
【体がその刺激に慣れてしまって筋肉の成長が
止まりますよ】というものです。

初心者は最初のうちに扱っていた
重量やセット数をこなし続けてしまうことが
あります。

ですが、実際にはその重さやセット数への
刺激に体が慣れてしまっているので
【[color color=””]筋肉の成長が促されない[/color]】という
現象が起きてしまいます。

解決策としては、対象となる種目の
フォームや扱う重量が定まってきたら
【その種目の最大重量にチャレンジする】
ということで、自分の限界を知りましょう。

自分の限界を一度知ることで
その後扱うべき重量が分かってきます。

その扱うべきであろう重量で
トレーニングを続けてみて
しっかりこなせるようになったら
また、MAXに挑戦するという繰り返しで
停滞期を打破できると思います。

筋トレにおいて【漸進性過負荷の原則】は
絶対的なルールなので、停滞期を感じたら
この原則に一度は立ち返って考えてみることを
おすすめします。

[getpost id=”1664″ title=”あわせて読みたい” ]

筋トレの記録をつける

3つ目の打開策は
【筋トレの記録をつける】です。

なぜ記録をつけるのか?というと先程説明した【漸進性過負荷の原則】を自分が守れているかというチェックになるからです。

記録のつけ方に関しては
ノートでも携帯のメモ帳でも構わないので
その日に行った【種目・重量・回数】などを
記録しておきます。

そうすると後で見直した時に
【[color color=””]2か月前と重量が同じままだった[/color]】なんて
ことが防げたりします。

また、【種目がずっと同じもの】だと
その刺激に慣れてしまい成長が滞ってしまう
場合も出てきてしまいます。

そういった成長の妨げになるようなミスを
【未然に防ぐ・早めに対応する】ために
筋トレの記録をとることは非常におすすめです。

[getpost id=”1681″ title=”あわせて読みたい” ]

サプリメントに頼りすぎない

最後の打開策は
【サプリメントに頼りすぎない】です。

筋トレ初心者にありがちなのが
【[color color=””]サプリを揃えて鍛えた気になってしまう[/color]】
ことです。

筋トレの本質は前述したように
【食事とトレーニング】です。

サプリメントはあくまでも【[color color=””]補助食品[/color]】なので
質の良いプロテインを飲んだからといって
食事・トレーニングが良くなければ
筋肉は成長してくれることはないです。

私自身もトレーニングを始めたての頃は
色々なサプリメントに手を伸ばしていましたが
今となっては3種類くらいしか飲んでません。

それはトレーニングを続けていると
いかにサプリメントではなくて
【[color color=””]日々の食事・トレーニング内容が大事か[/color]】
ということを思い知らされたからです。

もちろん、サプリメントは使い方を守れば
非常に効果的なものが多いです。

ですが、サプリメントはあくまで補助的に使う
ということを常に頭に入れておきましょう!

[getpost id=”1639″ title=”あわせて読みたい” ]

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は【筋トレ初心者向けの停滞期の打開策】
についてご紹介させていただきました。

とにかく確実に言えることは停滞期がきたら
食事や漸進性過負荷の原則などの
【基本に立ち返る】ことをおすすめします!

この記事がみなさんの参考になれば幸いです。

それでは!!

[getpost id=”1768″ title=”あわせて読みたい” ][getpost id=”1729″ title=”あわせて読みたい” ][getpost id=”1691″ title=”あわせて読みたい” ]