【筋トレ】ジムでキャップをかぶるのはなぜ?その理由・効果について解説

筋トレをしにジムに行くと
【キャップ】をかぶってトレーニングしてる人を見かけると思います。

そういった人たちを見て
「なんで帽子をかぶってるんだろう?」
と疑問を抱く方は多いのではないでしょうか?

私もはじめはそう思っていました。

ですが、筋トレ中にキャップをかぶるのには
【理由】があったのです。

その理由とは

筋トレ中にキャップを被る理由
・汗止めの役割
・体のラインを綺麗に見せるため
・ファッションの一環

上記3つの効果があるからでした。

本記事ではその理由1つひとつを詳しく解説していきます。

筋トレ中にキャップかぶる効果


筋トレ中にキャップをかぶる効果を
【3つのポイント】にまとめ解説していきます。

汗止めの役割

1つ目の効果は
【汗止めの役割】です。

筋トレではどうしてもトレーニング中に
汗をかいてしまうと思います。

そのかいた汗が垂れてきて
【目に入ったり、床に垂れたり】することがあるでしょう。

汗が目に入ってしまってトレーニング中に
ダンベルやバーベルなどを持って
目をつぶってしまうと【周りが見えなくなって危険】です。

また、床に汗がぼたぼたと垂れてしまうと
フロアが濡れてしまい、それを踏んで滑って【怪我をしてしまう危険性】もあります。

そういったことを防ぐために
【キャップをかぶる】ことで汗を止めている人が多いのです。

汗っかきの人は汗が流れるのを止めるために
キャップをかぶってもいいかもしれません!

体のラインが綺麗に見える

2つ目の効果は
【体のラインが綺麗に見える】です。

キャップをかぶることで
髪の毛が抑えられるので【頭が小さく】なります。

そうすると筋肉を鍛えている人特有の
【逆三角形の体】が綺麗に見えるようになります。

キャップをかぶるとそのラインが綺麗に見えるので、自分の体のチェックにもなります。

特にジムは壁が鏡貼りだったり、至る所に鏡が置いてあったりと、日常よりも【自分の姿】を
【客観視する機会】が多いです。

そういったこともあり
自分の体のラインを綺麗に見えるように
ジムではキャップをかぶる人が多いのです

ファッションの一環

3つ目の効果は
【ファッションの一環】です。

この効果に関しては
【単純におしゃれとしてキャップをかぶる】
ということです。

先程も少しお話ししたように
ジムには鏡が日常に比べて多くあるので
【自分の姿をよく見る】ことになります。

そこに映る自分の姿が【おしゃれでかっこいい】と自然に気持ちが上がり、やる気が出てくると思いまく。

【トレーニングウェア】や【サポーター】も
デザインのかっこいいものにこだわれば
ジムにいながらも【おしゃれな服装】を楽しむことができます。

私も自分のお気に入りのウェアやキャップを
揃えることで【トレーニングへのモチベーション】が上がり、ジムへ行く足取りも軽くなりました!

服装はトレーニングそのもの自体に
【直接的】にはあまり関係ありませんが
そういったメンタル面でやる気が出たりと
【間接的】な効果は期待できるので
みなさんもお気に入りのキャップを探してみてください!

かっこいいキャップ探しにはこちらの記事を参考にしてみてください!
[getpost id=”1220″ title=”あわせて読みたい” ]

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は【ジムでキャップをかぶる理由・効果】について解説させていただきました。

みなさんが疑問に思っていたことが
少しでも解消されれば幸いです!

それでは!!

[getpost id=”1338″ title=”あわせて読みたい” ][getpost id=”1266″ title=”あわせて読みたい” ][getpost id=”1225″ title=”あわせて読みたい” ]