【痩せたい人必見!】ダイエットを確実に成功させたいなら筋トレ!その理由について解説!

本記事の結論

・筋肉がない・少ないと基礎代謝が落ち、太りやすいカラダに…
・偏った食事制限では筋肉が落ち、痩せづらいカラダになる!
・筋トレをして筋肉が1キロつけば何もせずに年間で2,5キロ痩せる!!

ダイエットに筋トレが効果的な理由を解説!筋肉がつけば痩せやすい!

みなさんこんにちは!
今回は「ダイエットに筋トレが有効な理由」について解説していきたいと思います。

ダイエットに筋トレがいいというのは
みなさんなんとなく聞いたことがあると思いますが
その具体的な理由やどのくらい筋肉がつくといいのか?などの
具体的なことを知っている人は多くはないのではないでしょうか?

今回はその具体的な理由と具体的な数値を交えて解説していきたいと思います。

筋肉が少ないと太りやすくなる理由を解説

まず、はじめに「筋肉が少ないと太りやすくなる理由」についてお話します。

例えば、若いころは駅などでエレベーターを使わないで階段を使っていた人が
中年になってから階段を避け、エレベーターを使い始めると
筋肉を使わなくなるので徐々に衰えていきます。
こういったことが習慣になると、筋肉が減りやすくなり太りやすくなっていきます。

太っていく悪いサイクル

筋肉が減る→動かない→太る→動くことがさらに億劫になる→さらに太っていく

上記のようなループに入ってしまうと雪だるま式に太っていってしまいます。
中年以降の方はこのループに入りやすいですし、若い方も運動不足に陥るとこのループに入ってしまいます。

この悪循環から抜け出し、痩せたいのなら筋肉を鍛えるほかありません。

次は、痩せるためにもう一つ大事な「食事制限」についての落とし穴についてご説明していきます。

まずはカロリー収支を赤字経営にしよう

痩せるための手段は大きく分けて2つあります。

・食事からの摂取カロリーを減らす
・運動などによる消費カロリーを増やす

上記の2つになります。

そして、「痩せたい」と思った人がまず選ぶのは
「食事からの摂取カロリーを減らす」だと思います。

太っている人は運動を嫌いますからね(笑)
となるとこちらを選ばざるを得ないのです。

しかし、過度に食事を減らすと、筋肉が減ってしまいます。
次は食事を減らすとなぜ筋肉が減ってしまうのかという点についてご説明していきたいと思います。

痩せるには上手なエネルギー収支のコントロールが重要

痩せるにはカロリーの収支を上手にコントロールする必要があります。

太っている人は摂取カロリーが消費カロリーが上回った黒字経営をしてしまっているため
どんどんと太っていってしまいます。
痩せるためには逆に摂取カロリーを消費カロリー未満に抑えて赤字経営にする必要があります。

そのようにしてエネルギー収支が赤字になると、それをカバーするように体脂肪が分解され
カロリーになり、痩せられるのです。

赤字経営の落とし穴!?筋肉も減る!?

先ほどは「エネルギー収支を赤字にすると体脂肪が減り、痩せる」と説明しましたが
この考え方には1つ落とし穴があります。

エネルギー収支が赤字になると体脂肪だけでなく、重要な【筋肉】までも
分解されてしまうのです。

筋肉を構成しているのは、水分を除くとほとんどがタンパク質です。
タンパク質は体を動かすためのエネルギー源なので
食事量を減らすと筋肉中のタンパク質が分解されてしまい、筋肉が減ってしまい
その結果、太りやすくなってしまうのです。

ダイエット中は筋トレするだけでなく、タンパク質をしっかりと補給する
必要性が高いということになります。

手軽にタンパク質を取るには【プロテイン】が非常に有効です。
当ブログではおススメのプロテインも紹介しているのでチェックしてみてください!

痩せたいなら筋トレして筋肉をつけよう

食事制限だけでは、筋肉が落ちてしまい痩せづらいカラダになってしまうなら
やはり、筋トレをして筋肉をつけるのが良いと思います。

筋肉をつけるとなぜ痩せるのかというと「基礎代謝」が向上するためです。
「基礎代謝」というのは人間が何もせずに消費するカロリーのことを指します。

筋肉はこの基礎代謝の約20~30%を占めています。

ということは、筋肉を増やすことができれば消費カロリーが増えていき
食事の量を減らさなくてもカロリー収支が赤字になり痩せやすくなっていきます。

 好きなものを好きなだけ食べても痩せるということではありません。

 

具体的にどのくらい筋肉が増えるとどのくらいの消費カロリーが増えるのかというと
筋肉を1㎏増やせれば、1日当たりの消費カロリーが約50㎉増えるといわれています。
これを読んで「50㎉かよ」と思う方もいらっしゃると思いますが
決して侮ってはいけません(笑)

1年間に換算すると非常に大きな数値になります。
どのくらい違うのかということを説明していきます。
その前に事前知識として体脂肪1キロは7200㎉ということを頭に入れておいてください。

先ほどの情報と1年間は365日ということを考えるとこのような式ができます。
【50㎉×365日=1,8250㎉】

そして、これに体脂肪1キロあたり7,200㎉ということを考えると
【18,250㎉÷7,200㎉=約2.5キロ】という答えがでます。

筋肉が1キロつけば、何もせずとも2,5キロ減るのです。
何もせずとも2.5キロ痩せるってやばくないですか?(笑)

確かに筋トレをして筋肉を1キロつけるというのは大変なことですが
何もせずに2.5キロ痩せられるのはとても大きいと思います。

重要なので何回もいいますが、【2.5キロ】ですよ?(笑)
しかも、筋トレを始めて最初の1年は1番筋肉がつきやすいといわれています。

恐らく運動をあまりしたことのない人であれば、少し頑張ってみっちり筋トレをすれば
すぐに体に変化が感じれると思いますし、変化が自分で分かると筋トレが楽しくなってきて…
という好循環に入れると思います!!

本当に痩せたい人に筋トレはぜひおススメです(^^♪

まとめ

いかがだったでしょうか?

筋トレはダイエットに有効であることを少しはわかってもらえたら幸いです。
当ブログではサプリについても書いているので、気になるサプリがあれば
そのサプリについての記事も読んでもらえると嬉しいです(^^♪

それでは!!

おすすめの記事