【HIITはダイエットに効果がない⁉︎】HIITで結果が出る人と出ない人の特徴とは?

皆さんは今、巷話題のダイエット法の
【HIIT】というトレーニング方法を
ご存知でしょうか?

HIITは【有酸素運動×無酸素運動】を
かけ合わせた独特のトレーニング方法です。

効果としては
筋肉がついて脂肪が燃える】という
夢のような効果を持っています。

そのため非常にダイエット効果の高い
運動となっています。

では、「HIITをやれば誰でも痩せるのか?」
という疑問が浮かび上がると思いますが
その答えは【NO】です。

HIITを行っても痩せない人は痩せません。

そこで本記事では
【HIITを行って結果が出る人・出ない人】
の特徴についてご紹介していきたいと思います。

『世界一効率がいい 最高の運動』
created by Rinker

HIITの効果について

まず、簡単に【HIITの効果】について
ご紹介していきたいと思います。

HIITは前述したように
【有酸素運動×無酸素運動】の運動です。

有酸素運動といえばランニングやジョキング
無酸素運動といえば筋トレが挙げられます。

有酸素運動に期待できる効果としては
【脂肪燃焼効果】があります。

無酸素運動には
【筋力向上や筋肥大】の効果が
期待できます。

HIITはこの2つの運動を短いスパンで
繰り返すことによって【効率的】に
短時間でこれらの効果を得ることができるのです。

簡単にまとめると
筋トレとランニングの効果】を
短時間で同時に効率よく得られる
のがHIITというトレーニングなのです。

⇒HIITの詳しい効果・やってみた感想についてはコチラ

HIITで結果が出る人の特徴

HIITの効果を簡単に説明したところで
次は【HIITで結果が出る人の特徴】に
ついてご紹介していきたいと思います。

食事管理ができている

1つ目の特徴は
【食事管理ができている】です。

ダイエットをするにあたって
HIITを採用することは非常に良いと思います。

ですが、HIITがいくら高い効果を持ってても
肝心な【食事管理ができていない】と
ダイエットの結果を出すことができません。

HIITで結果を出す人は
※基礎代謝量よりも低いカロリーを
摂取するような食事管理をしています。

注意点としては闇雲にカロリーを
削るのではなく、タンパク質中心
なるべく脂質を抑えた食事管理
するように心がけていきましょう。

筋トレもしている

2つ目の特徴は
【筋トレしている】です。

もちろんHIITだけでも十分な効果が
期待できますがあわせて
筋トレを行っている人は高い効果を出せます。

筋トレを行うことで筋肉がつきます。

筋肉がつくことで
【基礎代謝量】が向上します。

基礎代謝量とは普通に生活しているだけで
消費されるカロリーのことを指します。

HIITでも筋トレの効果は十分得られますが
さらなる結果を出したい方は
筋トレも平行して行うことをおすすめします。

無理なく継続している

3つ目の特徴は
【無理なく継続している人】です。

HIITがいくら効率的なトレーニングといえど
1・2回やっただけでは効果は得られません。

そのためには定期的に行う必要があります。

自分のライフスタイルにあわせて
トレーニングのスケジュールを組むことが
結果を出すためのコツです!

HIITで結果が出ない人の特徴

次に【HIITで結果が出ない人の特徴】
についてご紹介していきたいと思います。

カロリー計算が出来ていない

まず、1つめの特徴は
【カロリー計算ができていない】です。

HIITはしっかり【適切な負荷と頻度】で
行っているのに結果が出ないという人は
ほとんどこれが原因だと思います。

いくらHIITでカロリーを消費しても
筋肉をつけても
基礎代謝を超えるカロリー接取】を
してしまっていては痩せません。

ダイエットの基本はどこまでいっても
基礎代謝を下回るアンダーカロリーを
守ることが重要です。

HIITはうまくやれているが結果が出ない人は
食事を見直してみましょう!

HIITの頻度が少ない

2つめは【HIITの頻度が少ない】です。

HIITの負荷は適切だけど
思ったような結果が出ないという場合は
これを疑いましょう。

早く結果を得たい人であれば
最低でも【週2回】は
HIITを行っていきたいところです。

週1回以下ではなかなか思うような結果を
得ることが難しいと思います。

HIITは短時間で行えるのが特徴です。

なんとか時間を捻出する必要はないと思います。

HIITでダイエット効果を早く出したいのであれば
スキマ時間を有効活用して頻度を上げていきましょう。

キツく追い込みすぎて継続できない

最後の特徴は
【キツく追い込みすぎて継続できない】です。

HIITは限界まで追い込む必要はなく
【ややキツい】程度の負荷でも
十分な効果を得られます。

あくまでこの【ややキツい】も自分の感覚で
決めてしまってOKです。

まずは、それくらいの負荷から始めて
慣れてきて体力や筋力がついてきて
今までの負荷が「楽だな」と感じたら
少し負荷を上げていきましょう。

このときも【少し】というところが
ポイントです。

慣れてきたからといっていきなり負荷を
引き上げるのではなく
あくまで【自分の感覚でややキツい】を
目安に設定し続けるのが重要です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は
【HIITで結果が出る人・出ない人の特徴】
についてご紹介させていただきました!

HIITは非常にダイエット効果の高い運動である
ことは間違いないです。

そのため上手く結果が出ないというのは
何かしらの原因があると思います。

本記事を参考に自分が当てはまるものはないか
チェックしていきましょう!

それでは!!

『世界一効率がいい 最高の運動』
created by Rinker
おすすめの記事