筋トレを【効率的に短時間】でスパッと早く終わらせるテクニック6選!

筋トレをするときに
「なかなか時間が多くとれない…」や
「ダラダラやってしまい時間がかかる」と
【トレーニング時間】に関して悩む方は
多いのではないでしょうか?

本記事では、そんな悩みを抱える方に向けて
【筋トレを効率的に短時間で終わらせるテクニック】を6つご紹介したいと思います!

今回、ご紹介していく方法は
基本的なことながらも【意外に】皆さんが
出来ていないことを中心に紹介していきます!

筋トレを短時間で効率的に行うテクニック

筋トレを短時間で効率的に行うテクニックを
6つご紹介していきます。

メニューを事前に計画しておく

1つ目のテクニックは
【メニューを事前に計画しておく】です。

これは意外にも出来ていない人が
多いのではないでしょうか?

短時間で筋トレを終わらせたいのであれば
このテクニックは【必須】です。

ジムに行ってから「何をやろうかな?」と
迷う時間は筋トレの楽しい部分ではありますが
筋トレを短時間で終わらせたい人からすれば
その時間は【無駄】です。

あらかじめその日にどの部位を鍛えて
どの種目をどれくらいやるかという
予定・イメージを立てておくことが
【短時間で効率の良いトレーニング】を
実現させることができます。

しかも想定するパターンは1つではなく
複数個考えておくのが望ましいです。

なぜなら想定していたメニューを行うための
マシンや器具が使われてしまっていて
そのメニューができない場合もあります。

その場面を想定していないと
またその場で考え直さないといけないです。

それを避けるためにも
自分がその日に行うメニューを複数考えておき
どんな事態にも対応できるようにしておく
ということをおすすめします!

インターバルを短めにする

2つ目のテクニックは
【インターバルを短めにする】です。

インターバルはついつい意識しないと
【ダラダラ】とってしまいがちです。

そのためインターバルはきっちりと測った上で
短くしていくことをおすすめします。

あまりにも短いインターバルでは
トレーニングのパフォーマンスの悪影響が
出てしまう可能性がありますが
【適度に短いインターバルは負荷】となり
筋トレの質を高めてくれます。

「短時間で効率良く追い込んでいきたい!」
という方はインターバルを短めに設定する事を
おすすめします。

スマホを持ち込まない

3つ目のテクニックは
【スマホを持ち込まない】です。

スマホは今となっては生活必需品ですが
筋トレにおいては必需品ではありません。

スマホを持ち込んでしまうと
インターバル中に触ってしまったり
種目を切り替えるときにいじって
ついつい時間を浪費してしまいがちです。

また、スマホをいじってしまって
マシンや器具を中〜長時間独占してしまうと
他の人の迷惑】になってしまうので
注意が必要です。

インターバル中を有意義に過ごすのは
楽しくトレーニングをするために必須ですが
スマホにのめり込みすぎないように
注意していきましょう。

タイマーで時間を計測する

4つ目のテクニックは
【タイマーで時間を計測する】です。

スマホで時間を測ったり
ジム内の時計を見てではなく
時間の管理をキッチンタイマー等で行い
きっちり時間を測って
【時間をコントロール】していきます。

筋トレ全体の時間と
インターバルの時間を予め決めておき
それをきっちりはかるという単純なものですが
これの効き目はかなり高いです。

【今、時間をどれくらい使っているか?】
ということを把握するようにしておけば
時間への意識を常に高く持つことができます。

その高い意識が時間の無駄を省き
質の良いトレーニングをする1つの秘訣です。

スーパーセット法を用いる

5つ目のテクニックは
【スーパーセット法を用いる】です。

スーパーセット法とは
拮抗筋を短いインターバルもしくは
間髪入れずに連続で行うトレーニング法です。

拮抗筋というのは腕の筋肉でいうと
【二頭筋(力こぶ側)と三頭筋(二の腕側)】
上半身でいうと【胸と背中】が拮抗筋です。

このように反対側の筋肉を連続で鍛えると
1つを行なっているうちは
片方は休まってるという状況になり
筋肉を効率良く追い込むことができます。

筋トレにはこういったテクニックの類は
複数あるのですが、スーパーセット法が
ジムの環境等を配慮した上で
1番使いやすいテクニックなのでおすすめです。

サプリメントを飲む

最後のテクニックは
【サプリメントを飲む】です。

サプリメントで疲労しにくいようにしたり
トレーニング中に栄養補給をして短時間で
追い込めるようにするというテクニックです。

トレーニングを短時間で追い込むためには
【BCAAやEAA】などのアミノ酸系や
【βアラニンやカフェイン】などの
事前に疲れにくい体にしてくれるような
サプリメントも有効です。

筋トレにおいて
サプリメントに頼りすぎは良くないですが
効率的にトレーニングの質を向上させるには
サプリメントは非常に便利なので
上手く活用してあげましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、筋トレを短時間で効率よく行うための
テクニックについて【6つ】ご紹介しました。

このテクニックが1つでも
皆さんのお役に立てれば幸いです。

それでは!!

おすすめの記事