【孤独の筋トレ】1人で筋トレをするメリットとは?

筋トレを1人でやっていると

「ジムで心細い…」
「寂しい。」

などの孤独を覚えることがあると思います。

誰かと一緒にやる
【合同トレーニング】に憧れる方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

ですが意外にも
【筋トレを1人でやるメリットは大きい】です。

1人なら【マイペース】でできますし
人と話しをしない分
【集中してトレーニングができたり】と
さまざまなメリットがあります。

そこで本記事では
【筋トレを1人でするメリット】について
ご紹介させていただきます。

1人で筋トレをやるメリット

1人で筋トレやるメリットを
3つご紹介していきたいと思います。

マイペースにできる

1つ目のメリットは
【マイペースにできる】です。

いつも1人でやっているからすれば
当たり前すぎて気づかないと思いますが
これは非常に大きいメリットです。

複数人でやるとどうしても他人のペースで
トレーニングが進んでしまうことがあります。

ペースというのは【インターバルの時間】や
【種目数・セット数】などです。

1人でトレーニングすれば全て自分で
【好きなようにコントロール】できますが
2人以上でやるとそうはいきません。

どうしてもお互いの呼吸を合わせたり
事前に打ち合わせしたりしないと事が
上手く運びません。

そんな労力を使ったのにも関わらず
事前の打ち合わせ通りにいかないこともあり
ストレスが溜まってしまう恐れもあります。

その点で1人での筋トレなら種目数やセット数も
その日の気分や体調に合わせて設定できるし
インターバル中にゲームをしても本を読んでも誰も咎めてくる心配はありません。

普段から1人でやられている方は
このありがたみに気づくことは少ないです。

ですが、非常に大きなメリットなので
当たり前だと思わないようにしましょう。

トレーニングに集中できる

2つ目のメリットは
【トレーニングに集中できる】です。

2人以上でトレーニングをすると
インターバル中に筋トレと関係ない話しに
花が咲いてしまって
【気づいたらインターバルの時間が過ぎてる】
なんてことは多々あります。

インターバルの時間はトレーニングにおいて
非常に重要で、必要以上に休み過ぎると
狙っている筋肉が回復しきってしまい
【追い込む事が難しくなってしまいます】

その点、1人であれば無駄な会話もなく
黙々とトレーニングして
静かにインターバルを過ごして
次のセットに取り掛かるという
無駄のない動きをすることができます。

また、一緒にトレーニングしてる人間と
喋ることで【他の人の集中力を削いでしまう
恐れもあるので注意が必要です。

周りに迷惑をかけることがない

3つ目のメリットは
【周りに迷惑をかけることがない】です。

複数人でやる合同トレーニングの場合
マシンや器具を無意識のうちに悪気なくとも
【中〜長時間】使ってしまい
それらを使いたいと考えてる他の方達を
待たせてしまう恐れがあります。

ジムではマシンや器具を
上手くローテーションして使っていかないと
【混雑の原因】となってしまいます。

また、先程少しお話ししましたが
他のトレーニング中の方々が
自分たちの喋り声で集中力が削がれてしまう
可能性があるので充分注意が必要です。

他にも無意識のうちにジム内で広がってしまい
他の方の迷惑になってしまったり
最悪、誰かとぶつかってしまって持っている
ダンベルやバーベルを落として
【怪我をする・させてしまう危険】もあります。

そういったリスクがあるため
複数人のトレーニングを
否定するわけではないのですが
【迷惑をかけてしまう可能性かも】という事を
頭の片隅に入れておいて欲しいです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は【筋トレを1人でやるメリット】について
ご紹介させていただきました!

合同トレーニングにもメリットはあるので
一概には否定することはできませんが
1人でやる筋トレというのは寂しいけど
【けっこういいものなんだな!】と
この記事を読んで思って頂ければ幸いです!

それでは!!

おすすめの記事