筋トレする時間がないと悩む方への打開策を4つ提案してみた!

筋トレを始めたいor始めてるが
「忙しくて時間がない…」という
悩みを抱えている方。

「仕事終わりには市営のジムが閉まってる…」
なんて悩みを抱えている方は
多いのではないでしょうか?

確かに筋トレというのは
しっかりとやろうとするのであれば
なかなかに時間がかかるものです。

ですが、時間を言い訳にして
「筋トレができない」なんて悲しい発言は
して欲しくないです。

そこで本記事では
【時間がない人の筋トレするための打開策】
をご紹介していきたいと思います。

時間がない人の筋トレするための打開策

時間がない人のための打開策を
4つご紹介していきたいと思います。

24時間ジムに入会する

1つめの打開策は
【24時間ジムに入会する】です。

仕事終わりにジムに行こうと思うけど
【その時間はジムが閉まってるから行けない】
という悩みはこれで解決できます。

市営のジムなどは
基本的に【17時〜18時】くらいまでには
閉まってしまうことが多いため
サラリーマンなどの働く人のジムには
向いていないと思います。

かといって家での筋トレは
【モチベが上がらない・維持できない】と
思う方も多いと思います。

そこで器具もダンベルも
しっかりと揃っている24時間ジムであれば
【高いモチベーションで筋トレに臨める】と
思います。

24時間ジムであれば
よっぽど忙しい人以外は【時間の悩み】を
解決することができると思うので
入会をおすすめします。

セット数・インターバルの縮小化

2つめの対策は
【セット数・インターバルの縮小化】です。

例えば、いつものトレーニングで
【5種目を3セット】行なっているとします。

そうすると合計のセット数は
【15セット】になります。

そのセット数を1セット減らして
【2セット】にすれば【合計10セット】に
減らすことができます。

5セット減らすことでだいぶ
【時間を捻出・節約】できると思います。

また、トレーニング間のインターバルを
【3分】とっているところを
【1分】にすることで時間の節約ができるし
筋肉の回復が完全な状態の前に
再開することで【トレーニングの負荷】を
上げることができます。

セット数を【15セット→10セット】に減らし
インターバルを【3分→1分】にすれば
単純計算で【10分の節約】に繋がります。

10分もあれば
本であれば小見出しくらい読めますし
仕事であればメールの返信くらいであれば
やる時間を捻出することができます。

このようにして
【トレーニング時間を短縮】してみるのも
1つの手だと思います。

高重量で追い込む

3つめの打開策は
【高重量で追い込む】です。

先程のように時間の短縮を図ると
セット数という面で
【トレーニングのボリューム】が
落ちてしまいます。

そういった問題を
【高重量を扱うことで補う】やり方です。

高重量であれば
【低回数・低セット数】で
筋肉を限界まで追い込むことができます。

また、そのようのいつもの重量ではない
トレーニングを取り入れることで
筋トレの【マンネリ化】や【筋肉の伸び悩み】などの問題も解決できるかもしれません。

ですが、高重量で行う場合は
【怪我の危険性】も少なからず高まります。

なので、【正しいウォーミングアップ】を
行うことをおすすめします。

効果のあるウォーミングアップに関しては
こちらの記事をご覧ください。

完璧主義を捨てる

最後の打開策は
【完璧主義を捨てる】です。

【完璧主義を捨てる】というのは
「どういうことか?」というと
トレーニングをしている人のなかには
【筋トレの時間=1時間】みたいに
考えている人もいて
【1時間とれないなら筋トレをしない】という
方もいらっしゃいます。

そういった方の場合
もし、30分筋トレをやる時間があったとしても
筋トレ=1時間なのでトレーニングをしません。

それでは非常にもったいないですよね。

なので皆さんには
【10分でもいいからトレーニングしよう!】と
考えていただきたいです。

そうやって考えている方のほうが
【筋肉の成長も早い】のではないかなと
思います。

なぜなら少しでもトレーニングをやることで
【週単位・月単位・年単位】という
大きなくくりでみたときの【総セット数】が
多くなることが多いからです。

まとまった時間だけやるのではなく
【スキマ時間を見つけて】
積極的にトレーニングをしていきましょう!

短時間で追い込むために
【サプリメントの力】を使うことも
有効だと思います!

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は
【筋トレをする時間がない人のための打開策】についてご紹介していきました。

みなさんもぜひこれらの打開策を使って
筋トレする時間を捻出してみてください!

それでは!!

おすすめの記事