【経験者は語る】筋トレ初心者は種目数を少なめに設定しよう!その理由とは?

筋トレを始めたばかりの初心者の方で
「どんな種目をやればいいか分からない」と
悩む方は多いと思います。

そんなとき種目選びで役に立つのは
【YouTube】です。

昨今のフィットネスブームにより
【筋トレYouTuber】が増加してきています。

彼らの中にはプロ選手もいて
無料ながら【有料級の情報】を
提供してくれています。

そういった背景もあり
筋トレ初心者の方はYouTubeを見て
種目の勉強をして、自分に取り入れていく
というパターンが多いと思います。

ですが、そこには意外な落とし穴があります。

筋トレ初心者の方は
種目数をあまり増やすことは
得策だとはいえないからです。

初心者の方は種目数を絞って
トレーニングすることが大事だと
私は考えています。

そこで本記事では
【種目数を少なくする理由・メリット】
についてご紹介していきます。

種目を少なくする理由について

種目数を少なくするメリット・理由について
3つ挙げていきたいと思います。

フォームを覚える必要があるから

1つ目の理由は
【フォームを覚える必要があるから】です。

筋トレにおいて
【フォーム】というのは
非常に大切な要素です。

フォームが間違っていれば
自分の鍛えたい筋肉をしっかりと
鍛えることは難しくなってしまいます。

また、間違ったフォームで
トレーニングを続けることは
【怪我の危険性を高める】ことにも繋がり
【百害あって一利なし】です。

初心者の方が種目数を過度に
増やしすぎてしまうとフォームを
覚えるのに時間がかかってしまい
【成長スピードが遅くなる可能性】が
高いです。

野球で例えると余程の天才でない限り
カーブ・スライダー・シンカー・フォークの
4種類の球種を一度に練習すれば
1つひとつの【成長スピードは遅くなり】
【完成度は低く】なってしまうと思います。

そういったことが
たくさんの種目数を選んでしまうと
筋トレにも起きてしまうということです。

なので、トレーニング初心者の方は
ある程度少ない種目数に絞って
「フォームを習得したな」と感じたら
次の種目を取り入れていくようにすると
【スムーズな成長】に繋がると思います。

どの部位に効いているかを覚えるため

2つ目の理由は
【どの部位に効いているかを覚えるため】
です。

筋肉を鍛えるということは
自分の鍛えたい筋肉にしっかりと
【刺激が入っているのを確認】しながらやる
というのは非常に重要なことです。

【どこに効いているかわからない】ような
トレーニングでは【効率よく・正確】に
筋肉を鍛えることは難しいです。

特に初心者のうちは
筋肉だけでなく【神経系の発達も未熟】なので
動作も上手くありません。

そのため【狙ってる部位に効かせる】ことは
至難の業です。

初心者のうちは効かせることが
ただでさえ難しいのに
種目数が多ければ多いほど
フォームも安定しないので
【さらに難しくなってしまう】と思います。

そのためには
ある程度種目数を絞り込んで
その数少ない種目を集中的に行うことで
【対象の筋肉に効いている感覚】というのを
覚えていくことをおすすめします。

その感覚がついてからのほうが
色んな種目を行うメリットが
強く、色濃く出てくると思うので
最初は我慢して種目数を絞っていきましょう。

筋力の向上を確認するため

最後の理由は
【筋力の向上を確認するため】です。

初心者のうちにあれやこれやと
種目数を増やしてしまうと
【どの種目をどの重量でやっていたか】
というのが分からなくなってしまいがちです。

それでは
【自分の筋力が向上したのかしていないのか】
という判断が非常に難しくなってしまいます。

そうすると自分の成長を実感しづらくなり
【モチベーションの低下】などにも
繋がる恐れがあります。

それを防ぐためには種目数を絞っていき
自分がその種目で
どんな【重量・回数で行なっていたのか】
というのを確認できるようにしておくことが
非常に重要な要素になってきます。

なので、初心者のうちから
種目数を増やしていくことは
おすすめできません。

「トレーニングの内容を覚えてられない」
という方は【筋トレノート】を
つけることをおすすめします。

こちらの記事を参考にしてみてください!

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は
【初心者が種目数を少なくするべき理由】
についてご紹介させていただきました!

初心者の方は
まず、種目数を増やすのではなく
そのトレーニング動作をいち早く覚え
重量や回数を伸ばしていくことを
目指しましょう。

そうすれば自ずと体の成長を感じることが
できると思います。

かといって、ずっと同じ種目数では
【トレーニングのマンネリ化】や
【モチベーション低下】に繋がるので
機を見て種目数を増やしていきましょう!

それでは!!

おすすめの記事