筋トレのマンネリ化の解決策とは?【色んな変化を与えてみよう】

筋トレを継続していると
大なり小なり【慣れ】が出てしまい
【マンネリ化】してしまうことが
あると思います。

マンネリ化が続けば
筋トレへの楽しみやモチベーションが薄れ
【筋トレをやめてしまう恐れ】があります。

本記事では
「もっと成長したい!」と思ってるのに
マンネリ化によるモチベーション低下に
悩んでいる方へ
【マンネリ化を防ぐ対策】について
ご紹介していきたいと思います。

筋トレのマンネリ化防止の対策

私が考える
【筋トレのマンネリ化防止の対策】を
5つにまとめたのでご紹介していきます。

メニューを変えてみる

1つめの対策は
【メニューを変えてみる】です、

物事に飽きてしまう原因の1つとして
【同じことの繰り返し】が挙げられます。

特に筋トレなんてシンプルに考えれば
【ダンベルやバーベルを持ち上げるだけ】の
単純作業です。

ただでさえ
そんな【単純作業の繰り返し】なのに
毎回やることが同じであれば
飽きてしまうのは【当たり前】だと思います。

それを防ぐためには
やはり【メニューを変えてみる】ことが
大事だと思います。

例えば胸のトレーニングで
いつもベンチプレスをやっている人は
ダンベルプレスに変えてみるなどの
【シンプルな変化】で十分です。

そうすることで
【いつもの動作→新しい動作】へと変化し
飽きを防ぐことができます。

気持ちの面でもメニューを変えることは
有効なのですが
実は【筋肉にとっても変化をつけること】は
非常に大事なことなのです。

なぜかというと
筋肉の成長を左右するのは、筋トレ時に
【筋肉に与えられるストレス】だからです。

そのストレスというのは
【重量や回数、種目】など
色々な要素がありますが
1番簡単に大きく変化させることができるのは
【種目】による変化です。

なので
【精神的にも肉体的にもメニューを変える】
ということはマンネリ化を防ぐことに
繋がるのです。

ジム(環境)を変えてみる

2つめは
【ジム(環境)を変えてみる】です。

家で筋トレをしていて
マンネリを感じている人は
町の【市営のジム】に行ってみたり
駅の近くなどにある【チェーン店のジム】に
行ってみたりすることをおすすめします。

マラソンなどでも
【同じ風景が続く道】を
走ると飽きてくるように
筋トレも【同じ環境】でやり続ければ
相当な精神力の持ち主でない限り
飽きが出てきてしまうと思います。

私自身の環境の変化としては
家→市営ジム→エニタイムフィットネス
という順番で変えていきました。

そうすることで
【自分のレベル】と共に
環境を変化させることができたので
特に大きなマンネリを感じることなく
1年間の間、【週3〜5回】のペースで
筋トレを継続することができました。

今現在、本格的なジムに通われてる方も
マンネリ化を感じているようであれば
同じようなレベルの器具がある
【違うジムに入会し直す】ことを
おすすめします。

また、【エニタイムフィットネス】のように
エニタイムであれば国内外問わずに
【どこの店舗】でも入店できるようなジムを
選んで環境を変化させるのも1つの手です。

目的・目標設定をする

3つめは【目的・目標設定をする】です。

筋トレを始めた頃というのは
ガムシャラにバーベルやダンベルを
【持ち上げることだけに集中】していたり
始めたばかりということもあり
【体の変化】の実感をしやすいことで
【楽しく継続することができる傾向】に
あると思います。

ですが、ある一定の期間からは
【重量の増加にストップ】がかかり
体のほうも【目に見えるような大きな変化】
というのは少なくなってきます。

そうすると【目に見えるような成果】が減り
マンネリ化やモチベーション低下に
繋がります。

そこで重要になってくるのが
【目的・目標の設定】なのです。

目的に関しては
今一度【自分のなりたい体】を再確認したり
目標に関しては
【〜月までにベンチプレス100キロ挙げる】
などの数値目標を掲げたりすることを
おすすめします。

そうすることで
【やるべきことが明確】になり
またトレーニングを始めた頃の様な
【ガムシャラさを取り戻す】ことが
できると思います。

友達とトレーニングする

4つめは
【友達とトレーニングをする】です。

複数人で筋トレすることを
【合同トレーニング】と言いますが
それにはいくつかのメリットがあります。

それは補助してもらえるから
【いつもよりも追い込める】ことであったり
お互いの体の変化を確かめ合ったりして
【モチベーションを高め合う】ことが
できたりします。

人間は同じことを
周りにやっている人がいないと
【孤独】を感じてしまい
その物事をやめてしまったりすることが
あると思います。

そこで【同じもしくは似てる目的・目標】を
持っている人間と励まし合いながら
やることでモチベーションも高まり
マンネリ化を防ぐことができると思います。

サプリメントを変えてみる

最後の対策は
【サプリメントを変えてみる】です。

私の場合は意外にもこれが有効でした。

プロテインやBCAAなどのサプリメントは
筋トレをやっていく上で
【ほぼ毎日摂取】するものだと思います。

なので、トレーニーからすれば
サプリメントは【食事の一部】です。

そんな食事の一部が【毎日同じ】というのは
なかなか辛いと思います。

例えるなら
食事が【毎日・毎晩カレー】では
どんなカレー好きの方でも
【飽きてしまう可能性】があります。

それと同じくしてサプリメントも
毎日同じ味を摂取するのではなく
【複数種類の味を用意】して
気分などに応じて飲み分けることで
飽きを防ぐことができます。

トレーニングと切っても切り離せない関係の
サプリメントにも変化をもたせることで
マンネリ化を防いでいきましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は
【筋トレのマンネリ化を防ぐための対策】に
ついて5つご紹介致しました。

筋トレに飽きを感じてる人は
どれか1つでも実践してみたください!

それでは!!

おすすめの記事