ジムで使いたい器具が使えないときはチャンスと考えよう!いつもと違う種目をやるメリット

ジムに行くと混んでいて
【やろうと思っていた器具が使えない】
なんてことはしょっちゅうあると思います。

その器具やマシンが空くまで
待ってもいいとは思いますが
混み具合によってはそれが不可能な場合や
非効率的な場合があると思います。

私も筋トレを始めた当初は
希望のマシンや器具が空くのを待ってました。

ですが、そうしてしまうと
【すごく時間がかかってしまう】という
デメリットがあります。

そんなときに
【いつもと違うマシンや種目をやってみる】
ことをおすすめしたいです。

いつもと違う刺激を与えることは
【筋肥大に効果的】ですし
今までやっていなかった種目が
【自分の体格や骨格合っている】かもしれないからです。

本記事ではそのような
【いつも違う器具や種目をやるメリット】を
ご紹介していきます。

いつもと違う器具・種目をやるメリット

いつもと違う器具・種目をやるメリットを
3つご紹介していきます。

筋肥大に繋がる

1つ目のメリットは【筋肥大に繋がる】です。

筋肉が成長しなくなる理由は様々ですが
その内の1つに【刺激への慣れ】があります。

例えば
【ベンチプレス60キロ10回3セット】を
出来る人がずっとその【重量・セット数】で
トレーニングを行なっても筋肉の成長は
止まってしまいます。

何故かというと【慣れてしまう】からです。

筋肥大というのは
【筋肉にストレスがかかる】ことで
引き起こされます。

ストレスがかからなければ
成長しなくなってしまうのです。

例えば
ベンチプレスをやろうと思ってたけど
パワーラックが空いていなかったから
ダンベルベンチプレスをやるという
単純な変化で大丈夫です。

そうすると新しい刺激が入り
次のトレーニングの際にベンチプレスを
やったときにまた違う刺激が得られるので
非常に良いサイクルに入れることができます。

いつもやっている器具やマシンが使えない時は
【新しいストレス(刺激)与えるチャンス】
と思って違うトレーニングをしてみましょう。

自分に合った種目が見つかる

2つ目のメリットは
【自分に合った種目が見つかる】です。

自分に合うというのは
【人それぞれ体格や骨格が違う】ので
同じトレーニングでも効き方などが
厳密に言えば違うのです。

もっと言えば【柔軟性】なども
関係してきます。

例えば、肩のフロント(前側)を鍛えるのに
ある人はダンベル、ある人はバーベル
はたまたある人はスミスマシンでやるのが
言いという人もいるでしょう。

それは体格・骨格、柔軟性が違うので
当たり前なのです。

色んな器具や種目を試してるうちに
【1番効くトレーニング】が見つかると思います。

それをトレーニングの軸に
据えてみるといいと思います。

そういった発見もあると思うので
色んなトレーニングをやってみることを
おすすめします!

トレーニング時間の短縮

3つ目のメリットは
【トレーニング時間の短縮】です。

トレーニング時間が長くなると
単純に他に使う時間が無くなってしまうし
種目間に他の器具が空くのを待っていると
【体が冷えてしまい怪我の危険性】も
上がってしまいます。

目当ての器具が使えない時は
他のマシン・ダンベル・バーベルで
その筋肉が鍛えられる種目を調べてやるようにして時間を短縮していきましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はジムが混んでいて
【使いたい器具が使えない時の対処法】
についてご紹介していきました!

ぜひ、紹介した方法を活用してみてください!

それでは!!

おすすめの記事