ワークアウトドリンクとは?その中身や配合について解説!

筋トレをしていると
【ワークアウトドリンク】という言葉を
耳にする機会が多くなると思います。

それと同時に
「ワークアウトドリンクって何?」と
疑問に思う方も多いと思います。

ワークアウトドリンクとは簡単にいうと
【トレーニング中に飲む飲み物】のことを指します。

ジムに行くと色んな人が
シェイカーに入れて持ち歩いている“アレ”です。

あの中身の代表的なものは
【BCAA・EAA】をはじめとする
アミノ酸系のサプリメント単体か
それに炭水化物のサプリが
混ぜられているものが多いです。

本記事では
【ワークアウトドリンクの必要性】と
【一般的なワークアウトドリンクの中身】
についてと【それらの効果】についての
3点をご紹介していきたいと思います。

なぜワークアウトドリンクが必要なのか?

まず
【なぜワークアウトドリンクが必要なのか?】
という点についてお話ししていきます。

ワークアウトドリンクが必要な理由として
人間の体の機能が大きく関わってきます。

人間の体の機能にはエネルギー源となる
栄養素(炭水化物など)が無くなると
【自らの筋肉を分解】して
エネルギー源として使ってしまう機能があります。

筋肉を鍛えているのに
その最中に筋肉が分解されてしまっては
プラスマイナスゼロ、むしろマイナスになってしまいます。

それを防ぐのが
【ワークアウトドリンクの役割】なのです。

次は
【ワークアウトドリンクの主な中身】である
サプリメントについてご紹介していきます。

BCAA・EAA

代表的なワークアウトドリンクである
【BCAA・EAA】についてご紹介します。

BCAAとは必須アミノ酸である
【バリン・ロイシン・イソロイシン】が
含まれているサプリメントで
効果としては
【筋肉の分解を防ぎ、筋肉合成を高める】
というものがあります。

タンパク質合成を促進し,分解を抑制する.したがって,ロイシンは発育や筋肉づくりを促進するアミノ酸である.

EAAは必須アミノ酸の全9種類が
全て含まれているサプリメントです。

EAA
・バリン
・ロイシン
・イソロイシン
・リジン
・メチオニン
・ヒスチジン
・フェニルアラニン
・トリプトファン
・トレオニン

上記の9種類が含まれています。

【BCAAと同様の効果】があるのは勿論のこと
【リジン・メチオニン】は
脂肪燃焼効果のある【L -カルニチン】の
素となるアミノ酸であり
ダイエット効果にも期待できます。

筋肉をつくるには
様々なアミノ酸を摂取する必要があり
それを1つのサプリメントで
大半をまかなう事ができるのが
【EAA】の強みです。

BCAA・EAAの違いについて
もっと詳しく知りたいという方は
こちらの記事をチェックしてみてください。

BCAA(EAA)+マルトデキストリン

先程はBCAA・EAAを単品で
摂取するパターンでしたが
今度は【BCAA+マルトデキストリン】という
パターンをご紹介致します。

マルトデキストリン(MD)とは
簡単に説明すると
【粉状の炭水化物】のサプリメントです。

トレーニングのエネルギー源となる
代表的な栄養素は【炭水化物】です。

炭水化物は日常的に食べている
米やパンから摂取することができます。

ですが、トレーニング中に
米やパンを摂取してしまうと
固形物のため消化吸収に時間がかかるうえに
食べてすぐの運動は胃に負担がかかるので
【トレーニングのパフォーマンスが低下】
してしまいます。

MDは粉状で水に溶けるので
BCAA(EAA)に混ぜて飲むことができます。

液体なので消化に負担がかからず
また、吸収も速いのでトレーニング中でも
【すぐにエネルギーとして使える】のが
最大の特徴です。

この組み合わせは
多くのトレーニーに愛用されてとり
筋トレ界では【鉄板の組み合わせ】です。

その他候補となるサプリ

次にワークアウトドリンクに入れる
【候補のサプリメント】をご紹介します。

クレアチン

1つは【クレアチン】です。

クレアチンの主な効果は
【筋肥大とパフォーマンスの向上】の
2つを持ち合わせています。

筋トレをするにおいては
非常に優秀な効果を持っているサプリで
様々な研究から効果があるという
結果の出ているサプリメントです。

下記の研究結果は
陸上競技選手にクレアチンを摂取させ
【筋力・筋肉量・有酸素能力】が
向上するかどうかを明らかにする研究で
効果が有効であることが認められました。

クレアチン摂取はトレーニングによる筋肥大を促進し、繰り返す高強度の運動のパフォーマンスを向上させることが認めらました。

ワークアウトドリンクに混ぜて
クレアチンをこまめに摂取することで
【常に体内のクレアチンを満たしておく】
という目的があります。

私は改めてクレアチンを飲むのが
面倒くさいということもあり
ワークアウトドリンクに
クレアチンを組み込んでいます。

βアラニン

2つ目は【βアラニン】です。

βアラニンはプレワークアウトなどの
【NO系】と呼ばれるサプリに
採用されていることが多いです。

主な効果としては
【筋肉の疲労を和らげる】が挙げられます。

筋肉の疲労を和らげるということは
筋トレの回数を増やすことができるという
メリットがあり、筋肥大に繋がります。

庵野拓将さんの著書である
『科学的に正しい筋トレ最強の教科書』にも
以下のようことが書かれています。

ベータアラニンの摂取はトレーニングの疲労を軽減し、回数(レップ数)を増加させることによって総負荷量を高め、有意な筋肥大が生じる可能性があると指摘しています。

『科学的に正しい筋トレ 最強の教科書』 著 庵野拓将

私自身もワークアウトドリンクに
混ぜてそういった効果を感じています。

注意点としてβアラニンには
【βアラニンフラッシュ】という
害のない副作用があります。

その副作用の内容というのは
【皮膚に電気が走ったようにピリピリする】
というものがあります。

初めて飲む方は気をつけてください。

番外編カーボリン

最後に番外編として
【カーボリン】というサプリメントを
ご紹介します。

カーボリンというサプリメントは
簡単にいうと
【味のついたマルトデキストリン】と
考えていただくとわかりやすいかと思います。

なので、BCAA(EAA)などに混ぜずとも
美味しく飲むことができます。

独自の製法で吸収率が高く
トレーニングのエネルギー源として
非常に優秀なサプリメントです。

カーボリンが気になる方は
こちらの記事で詳しくご紹介してるので
チェックしてみてください!

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は
基本的なワークアウトドリンクについてと
応用的な内容として
ワークアウトドリンクに入れる候補となる
サプリメントをご紹介しました。

みなさんも自分オリジナルの
ワークアウトドリンクを作って
トレーニングの効率を上げていきましょう!

それでは!!

おすすめの記事