リストラップとリストストラップの違いとは?それぞれの効果について実験体をもとに解説

筋トレを始めて
トレーニングを補助してくれるアイテムの
購入を考えるときがあると思います。

そこで
【リストラップ】と【リストストラップ】
というアイテムがあることを知ると思います。

この2つのアイテムは同じような名前ですが
似て非なるものです。

【リストラップ】は
主に【胸・肩】の筋トレに使い
【手首の保護】をしてくれる効果があります。

【リストストラップ】は
主に【背中】の筋トレに使い
【握力の補助】をしてくれる効果があります。

本記事では
その2つのアイテムの
【効果・使用感】についてご紹介していきます。

【 ゴールドジム(GOLD'S GYM)  ループ付きリストラップ】
created by Rinker
【ゴールドジム(GOLD'S GYM) リストストラップ G3500 】
created by Rinker

リストラップの効果について

まず、【リストラップの効果】について
ご紹介していきたいと思います。

手首の保護・使用重量UP

リストラップの大きな効果として
【手首の保護】が挙げられます。

基本的にリストラップは
【胸・肩】のトレーニングの際に使用します。

ベンチプレスやショルダープレスなどを
行う際というのは重量が手首にかかります。

重量が上がれば上がるほど
その負担は必然的に大きくなってきます。

負担がかかり続ければ
【怪我や故障】につながってしまい
トレーニングが行えなくなってしまう
危険性があります。

そこで【リストラップ】を使用すれば
【手首にかかる負担を軽減】することができます。

リストラップは
手首にバンドを2〜3周させて
【手首をガッチリと固定する】ように使用します。

手首が固定されることで
【安定感】が生まれ手首が重量に負けて
グラグラするようなことがなくなります。

グラグラしなくなるということは
【力を入れやすくなる】ことに繋がり
使用重量UPの効果も期待できます。

私自身もプレス系で重量に伸び悩んだ時に
リストラップを購入しました。

リストラップを使用して
手首が安定したおかげで力を入れやすくなり
高重量を持ち上げることが出来るように
なったという経験もあります。

主に使用する種目について

次に
【リストラップを主に使用する種目について】
ご紹介していきたいと思います。

リストラップを使用する主な種目は
以下の通りとなっています。

リストラップを使用する主要種目
【胸】
バーベルベンチプレス
ダンベルプレス
インクラインダンベルプレス
スミスインクラインプレス

【肩】
ダンベルショルダープレス
スミスショルダープレス
アーノルドショルダープレス

【腕】
ナローベンチプレス(三頭筋)

種目でいえばもっと種類があるのですが
基本的な種目はこの辺りになります。

この種目をトレーニングに取り入れてる方は
リストラップの【購入・使用】をおすすめします。

リストラップの使用した感想

次に
【私がリストラップを使用した感想】について
ご紹介していきたいと思います。

まず、前提として
【私がなぜリストラップの購入を考えたのか】ということからお話します。

1番の理由としては
ベンチプレスで高重量を扱い始めたときに
【手首の痛み】を覚えたからでした。

80キロ辺りを扱うようになってから
手首に痛みを覚えてトレーニングするのが
怖くなってしまったのです。

それを理由にリストラップを購入しました。

リストラップをつけてからは
手首に安定感を感じ、痛みも出なくなりました。

また、副産物として【使用重量がUP】してくれたのは嬉しい誤算でした。

私の意見としてはリストラップは
【手首が痛い人】と【重量に伸び悩んでる人】におすすめのトレーニングアイテムです。

リストストラップの効果について

次に【リストストラップの効果】について
ご紹介していきます。

握力の補助

リストストラップの主な効果として
【握力の補助】が挙げられます。

リストストラップを使用する筋トレは
主に【背中】のトレーニングになります。

背中のトレーニングの基本的な動作は
【引く】が基本となります。

方向は上からや前からなど色々とありますが
引く動作が基本です。

その引く動作を行うときに
対象物である【バーベル・ダンベル】を
強く握りこみます。

その際に【握力】を使用することになります。

トレーニングで使用する重量が
上がれば上がるほど使う握力は大きくなります。

握力が疲労してくると
対象筋である背中の筋肉ではなく
【腕の筋肉で無理矢理】引くことになります。

そうするとトレーニングの効率が悪くなり
狙った筋肉である背中を鍛えることが
難しくなってしまうということになります。

そこでリストストラップを使用することで
その悩みが改善されます。

リストストラップには
様々なタイプがありますが共通しているのは
対象物であるダンベルなどに対して
【布・ゴム】を巻きつけて
手と対象物の間に1枚噛ませることによって
握りやすくし、握力を補助してくれます。

握力が補助されるので
無理矢理に腕の筋肉を使うことを抑制し
【効率よく背中の筋肉を鍛えることができる】のです。

主に使用する種目

次に
【リストストラップを使用する種目】について
ご紹介していきます。

主に使用する種目は
以下の通りとなっています。

リストストラップを使用する主要種目
【背中】
デッドリフト
ワンハンドダンベルローイング
ラットプルダウン
チンニング(懸垂)
Tバーロウ
ベントオーバーローイング

【腕】
アームカール
ハンマーカール

【肩】
サイドレイズ

基本的に背中の種目には
【全て】使えると考えていただいていいです。

背中の種目には
積極的に使用していきましょう。

腕や肩の種目に関しては
【手汗でダンベルが滑る】という人は
リストストラップを使用することで
滑ることを防ぐことができます。

ダンベルを落としてしまうのは
自分にも周りにも危険を及ぼしてしまうので
注意しましょう。

リストストラップを使用した感想

最後に
【私がリストストラップを使用した感想】
についてご紹介していきます。

私は筋トレを始めたての頃は
リストストラップを使用していませんでした。

そのため背中のトレーニングでは
握力がすぐに疲労し、腕の力で重量を持ち上げてしまっていました。

また、手にマメができてしまうのが嫌で
リストストラップを購入をしました。

リストストラップを使用してからの
背中のトレーニングは充実した内容になりました。

握力が疲れないので
色々な種目にチャレンジできるようになり
背中のトレーニングが好きになりました。

また、個人的にはリストストラップは
初心者の頃から【即使用】すべきだと思います。

なぜなら初心者の方が
フォームが安定していないので
背中ではなく、腕の力で引いてしまう
可能性が高いからです。

まだリストストラップをつけていないという方は早めの購入・使用をおすすめします。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は
【リストラップとリストストラップの違い】
についてご紹介させていただきました。

【リストラップ】は
主に胸や肩のトレーニングの際の
【手首の保護】がメインの効果。

【リストストラップ】は
主に背中のトレーニングの際の
【握力の補助】がメインの効果となります。

まだ、使用していないという方は
是非使用してみてください!

トレーニングの効率が間違いなく向上します!

この2つのアイテムをもっと詳しく知りたい方や
おすすめの商品を知りたい方はこちらの記事を
チェックしてみてください!

 

それでは!!

【 ゴールドジム(GOLD'S GYM)  ループ付きリストラップ】
created by Rinker
【ゴールドジム(GOLD'S GYM) リストストラップ G3500 】
created by Rinker

 

おすすめの記事