最強の脂肪燃焼サプリはファイナルバーンで間違いない!効果についてレビュー

【痩せて体を絞りたい!】と決めて
運動や筋トレに励んでいる方の中で
それに合わせて【脂肪燃焼サプリを飲もう!】と考える方は多くいるのではないでしょうか?

そこで今回おすすめしたいのは
ファインラボの【ファイナルバーン】という
脂肪燃焼サプリメントです。

ファイナルバーンの特徴は
【脂肪燃焼効果】はもちろんのこと
【基礎代謝を上昇させる効果】も持っており
他の脂肪燃焼サプリメントとは
一線を画している商品です!

本記事ではファイナルバーンの
【成分・飲み方・レビュー】の
3つの情報を提供します!

【ファインラボ ファイナルバーン】
created by Rinker

ファイナルバーンの効果・成分について

まず、【ファイナルバーンの効果・成分】
について詳しくご紹介していきます。

コエンザイムQ10包接体

1つ目の成分は
【コエンザイムQ10包接体】です。

コエンザイムQ10包接体の説明の前に
【コエンザイムQ10】の効果から
ご説明していきたいと思います。

人間の体を構成している全ての細胞を
維持するためにエネルギーを作り出してるのは
【ミトコンドリア】です。

ミトコンドリアは糖質や脂質に働きかけてエネルギーとなる【アデノシン三リン酸(ATP)】を生成しています。

コエンザイムQ10はATPを生成するさいに
重要な役割を果たす成分です。

コエンザイムQ10の不足は
実質、【ATP産出量を低下】を意味します。

そうなると【細胞の活動レベルの低下】にも
繋がってしまうのです。

ここまでの話を簡単にまとめると
コエンザイムQ10を充分に摂取することで
糖質・脂質を【スムーズにエネルギーへと変換することができるようになる】ということです。

この効果は【ダイエット・減量】において
非常に有効です。

コエンザイムQ10の効果がわかったところで
【コエンザイムQ10包接体】について解説していきます。

コエンザイムQ10はそのままの状態で
【経口摂取すると吸収率が悪い】とされています。

そこでコエンザイムQ10を
シクロデキストリン(環状オリゴ糖)で
包接することで吸収率を高めたのが
【コエンザイムQ10包接体】です。

このように処理をすることによって
吸収率を【15倍】に高めることができます。

ファイナルバーンには
このように高度な加工が施された
成分が含まれており
非常に効果が高いものに仕上がっているのです。

L -カルニチン

2つ目の成分は
【L -カルニチン】です。

L -カルニチンに
脂肪燃焼効果があるのは有名です。

ここでは【なぜ有効なのか?】という
メカニズムについてお話ししていきます。

血液中に流れる
【遊離脂肪酸・中性脂肪】は
そのままの状態では
ミトコンドリア内膜を
透過することができません。

ということは
【エネルギーとして使えない】
ということになります。

そこでL -カルニチンを摂取することで
脂肪酸と合体し【アシルカルニチン】という
物質に変化します。

アシルカルニチンになると
ミトコンドリア内膜を通過することが
できるようになり
【脂肪をエネルギーとして利用すること】が
できるようになるのです。

ということは
脂肪をエネルギーにするには
アシルカルニチンにする必要があるので
L -カルニチンは
【脂肪燃焼には必須】の成分なのです。

L -カルニチンは
【リジン】と【メチオニン】という
2種類のアミノ酸から合成されるのですが
この合成力は20代から徐々に衰えていきます。

そういった点を踏まえると
L -カルニチンを積極的に
摂取する必要があるのです。

ガラナ

3つ目の成分は【ガラナ】です。

ガラナの主成分である
【ガラニン】には筋の代謝を上げる効果があり
これが【基礎代謝の上昇】に繋がります。

さらに食欲中枢という
食欲をコントロールする神経系に
働きかけて【食欲を抑制】する効果もあります。

また、筋肉中の乳酸の除去を促進して
回復のサポートをする効果もあります。

ガラナには
【基礎代謝の上昇・食欲抑制・回復効果】
という運動しながら痩せるには
もってこいの効果ばかり含まれているのです。

シネフリン

4つ目の成分は【シネフリン】です。

シネフリンは【橙】と呼ばれる
オレンジ類のフルーツに含まれる成分です。

脂肪細胞の細胞膜には
【β3アドレナリン受容体】というものが
存在しています。

このβ3アドレナリン受容体が刺激されると
【脂肪の分解・燃焼】が行われます。

シネフリンには
この受容体を直接刺激して
【脂肪の分解・燃焼を促進させる】
効果があります。

フォルスコリン

5つ目の成分は
【フォルスコリン】です。

フォルスコリンはインド医学では
長年にわたって【体重のコントロール】に
使用されてきたハーブのエキスです。

フォルスコリンは
【サイクリックAMP】という
中間体化合物を増大させる効果があります。

増大することで
どんなメリットがあるかというと
脂肪分解酵素が増大し
【※遊離脂肪酸の産出が高まります。】

そうすることで脂肪燃焼を促進させるのです。

※遊離脂肪酸というのは
簡単に説明すると【エネルギー源】となる
脂肪分のことを指します。

HCA(ヒドロキシクエン酸)

6つ目の成分は
【HCA(ヒドロキシクエン酸)】です。

HCAはガルニシア・カンボジアという果樹の
果実に含まれている成分です。

HCAは脂肪を合成する酵素の働きを
【邪魔する効果】を持っています。

また、脂肪細胞から
【遊離脂肪酸の放出を促進させる効果】も
持っています。

さらに近年の研究報告によると
HCA自体に脂肪燃焼効果があるという
結果も出てきているようです。

緑茶抽出物

7つ目の成分は
【緑茶抽出物】です。

お茶に含まれる【カテキン】という成分が
基礎代謝を高めてくれます。

いつも皆さんが飲んでいる
緑茶由来の成分なので安全性はピカイチです。

カプサイシン

8つ目の成分は
【カプサイシン】です。

カプサイシンは
唐辛子に含まれている成分です。

カプサイシンが体内に吸収されることで
【ノルアドレナリン】という成分の
分泌が促進されます。

このノルアドレナリンが
【脂肪燃焼ホルモンを活性化】させ
脂肪燃焼に一役買ってくれるのです。

また、カプサイシンは
脳下垂体を刺激して
【アドレナリン】を分泌させます。

そのアドレナリンが脂肪燃焼ホルモンの
生成を促進する効果があるので
【最強の脂肪燃焼のサイクル】
が出来上がるのです。

ファイナルバーンの飲み方について

次に【ファイナルバーンの飲み方】
についてご紹介していきます。

メーカーが推奨している飲み方は
以下の通りとなっています。

アスリート、トレーニング中級者以上 1回分摂取量:15カプセル
一般の方、1回分摂取量:7~15カプセル
摂取タイミング:トレーニング実施日ではトレーニング開始1時間前もしくは空腹時、トレーニングオフ日は起床後にお水などで噛まずにお飲みください。
効果を高めたい場合は、起床後とトレーニング開始前の2回摂取

ファインラボ公式HP

私は基本的に1回で【10カプセル】ほど
摂取するようにしていました。

15カプセルだと
少し多くて飲みづらかったので
規定の量よりも少し減らして飲みました。

15から10に減らしたときに
あまり効果に違いを感じなかったので
それも理由の1つです。

元気がありあまってて
【今日はダイエット・減量を追い込むぞ!】
といったときには
【起きてからとトレーニング前】の
2回摂取するようにしていました。

1日2回摂取したときは
【効果を大きく実感することができた】
のでおすすめです。

ファイナルバーンを飲んだ感想

最後に
【私が実際にファイナルバーンを飲んだ感想】
についてお話ししていきます。

飲んでしばらく時間が経つと
腹のなかが燃えているかのように
すごく熱くなってきます。

まだ何も運動をしていないのに
【脂肪が燃焼されているように感じる】程の
熱さでした。

その状態からトレーニングするので
トレーニングが進むほどにその熱さは増して
錯覚かもしれませんが【脂肪が燃えている】という感覚に陥りました。

私はダイエットが停滞してから
ファイナルバーンを使い始めましたが
摂取してからは今までの停滞が
【嘘のようにストンと体重が落ちて】
ビックリしたのを今でも覚えています。

大前提として
【食事管理・運動】があってのサプリなので
そこは勘違いしないように注意しましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

脂肪燃焼に有効な成分しか含まれていない
【ファイナルバーン】をみなさんも
試してみてはいかがでしょうか?

【食事管理・運動があってのサプリメント】
ということは忘れないようにしてください!

それでは!!

【ファインラボ ファイナルバーン】
created by Rinker

 

おすすめの記事